中文 EN 日本語
    技能実習生が出国した後、できるだけ早く外国の生活に慣れて、より良い仕事ができる状態になるよう、陝西盛唐は日本語育成センターを設立した。教師は皆教育経験が豊富で、教育施設も完備されており、勉強する環境に適しており、公共交通もとても便利である。
   勤務教師の中、日本の大学や中国現地の外国語大学から卒業したり、研修生として日本で仕事をしたりする先生が殆どです。皆日本語能力試験1級の資格を持っています。そして、日本の仕事現場や習慣、ルールに対して経験も豊富です。 日本文化や日本企業の経営方式と管理理念をよく知っているから、教育期間中、実習生に日本の生活常識や職場のルールを説明し、日本や日本語の勉強に対する興味を湧かせ、実生活に役立つよう指導する。
   教育のグレードアップを図る為、生徒には在校中泊り込みの閉鎖式管理を実行しております。日本語と技能を育成するとともに、軍事訓練などの適応性訓練も実施しており、さらには、国際先進的な理念と合致できるよう、選抜された技能実習生に対して総合的に言語、技能、規則、文化と適応性などの教育も実施し、多様な訓練を通じて、適応能力と団体意識を強くさせ、技術、言語はもとより、礼儀が正しく、規則意識が強い、入国してからもすぐに現地の風俗習慣に適応することができ、その法律、制度と企業文化もすぐに順応できるような人材を育てることを目標にしております。
   今まで送り出してきた実習生が各組合及び企業様から大変高評価をいただいております。日本語、礼儀などの面で、とても安心だとお言葉も受け賜わっております。
   今後も、スタッフ一同いちがんとなって、各組合及び企業様や、実習生の声に耳を傾け、より一層最善の教育システムを作り上げる為、全力を尽くして行く所存でございます。